車検切れの中古車売却は出来るのか、出来ないのか?

車検切れ 中古車売却

車検切れの中古車売却は出来るのか、出来ないのか?

中古車売却をする際に車検切れの車は売ることが出来るのか出来ないのか気になっているという人も多いものですが、これは問題なく中古車売却をすることが出来ます。

そもそも車検というのは査定に大きく影響するような部分ではなく、まるまる車検が残っているというのであればその分査定も上がりやすくなりますが、それほど重要なポイントでもないのです。

車検が切れている車をわざわざ車検を通してから査定に出すと、車検にかかった費用以上に査定が上がるということはないだけに損をしてしまうことになるのです。

そのため、車検が切れている車は車検を通さずにそのまま査定を受ければよいということになります。

ただし、車検が切れていれば当然公道を走らすことが出来ないので、査定を受けるにしても出張買取以外の方法はなくなりますし、また自走をすることが出来ないので引き取りの際にはレッカーなどを用意する必要があるため、その分の手数料が取られてしまう可能性はあります。

車を売る際に知っておきたい注意点とは何か?

車を売る時にはいくつかの注意点を知っておかないと、金額が大きなものだけに損も大きなものとなってしまう可能性がでてきてしまいます。

そこで、車を売る時に知っておきたいことというのは買取業者に査定をしてもらった時に最初に提示される金額というのは、交渉が前提となっている価格であるためその金額で買い取ってもらうことを同意してしまうと損をしてしまうということになります。

業者側は少しでも車を安く買い取るために、また金額交渉で上積みさせるだけの余裕を持たせるため最初に提示する金額というのは低めのものになっています。

普段生活をしていれば、金額交渉をする機会というのがあまりないため、始めて買取業者などを利用する際にはこのようなものかと思って、最初に提示してきた金額で売ってしまいがちですが、これはとても損なことですから買取に出す時には事前に相場をしっかりと調べてから、査定に臨むと低い金額を提示されても交渉をすることができや安く手放してしまうことを避けることが出来ます。

また、査定を受ける業者も一社より二社、二社よりも三社とより多くの業者から査定を受けた方が金額は上がりやすくなります。

タイトルとURLをコピーしました