食道・胃の痛みを解決しよう!

逆流性食道炎を治そう。
間違った知識では、逆食は完治しません。無理せず、じっくり治すことが第1歩です。

逆流性食道炎

逆流性食道炎


逆食とは
胃液などが食道に逆流し、胃酸や十二指腸液により食道の粘膜に炎症が起こる病気といわれています。

主な原因
肥満によるもの・タバコの喫煙・飲酒などの生活習慣の悪化(暴飲暴食)、お肉中心の食生活の欧米化、ストレス・精神的な要因などにより、現在、日本でも老若男女問わず増加傾向といわれています。
そのほか、 食道裂孔ヘルニア、 妊娠・肥満・便秘・運動による腹圧の上昇なども

主な症状
胸焼け、みぞおちや上胸部痛、背中の痛みなどが起こる
食事後、また、横になったとき、前屈したときに喉や口に胃酸が逆流する
げっぷや嘔吐などを伴う症状の人もいます。

一般的な治療方法
治療方法は、今までの習慣を改善することが基本となります。
食事療法
豚肉や牛肉などを控え、野菜中心の食生活に変える。トンカツや天ぷらなどの脂っこい食事も厳禁

生活習慣の改善(体質改善)
規則正しい生活をする、適度に運動をする。肥満気味の人は減量も1つの策です。簡単なこととしては、姿勢を正す、適度に唾液の分泌を促すことも良いとさせれています。

薬物による治療
初期の段階では、胃粘膜のプロトンポンプの酵素活性を阻害することによって、胃酸の分泌を抑制するタケプロンが有名です。






逆流性食道炎 定番!!

今、一番売れている改善プログラム


胸やけ・吐き気・痛み・ストレス改善法~慢性胃炎、胃潰瘍、胃アトニー、機能性胃腸症( ディスペプシア)

先生(福辻鋭記さん、細川晶生さん、佐藤真二さん)比較