手の甲を舐めて悪臭を嗅いで見る

最近ではスメルハラスメントというフレーズがありますが、これは臭いを通じて周囲の人に誹謗をしてしまうことを指します。
口臭は自分では気が付かないものですので知らずのうちに人類に迷惑をかけていることも、もし自分が口臭もちだったらという心配する方法にお勧めの口臭チェックをする手立てがあります。
ひとまず手の甲を舐めて下さい、そしてゼロ分間放置して唾液が乾くのを待ち受けましょう。そうして再び手の甲の匂いをチェックしてみてください。本当はこの時の匂いこそが口から出て掛かる匂いなのです。ですので匂いが読み取れられなければ口臭はしないということになります。逆ににおいが比較されれば知らない間に口臭で周囲に迷惑をかけていたに関してになるでしょう。
匂いが感じられた場合も損害しないで下さい。とりあえず自分で臭い事が分かれば気を付けることができます。スメルハラスメントから離脱するための初回は自分の口臭に気が付くことなのです。
匂いがしなかった場合でも未だに安心してはいけません、鼻づまりなどで臭いがしなかった場合はさらに鼻が通っているところチェックをしてください。
その時を通じて口臭が変化しますので一度無臭だったからと言ってセキュリティせず頻繁にチェックすることをおすすめします。