タバコ

タバコや飲酒も口臭の原因になります、外部から摂取したものが原因の口臭なので外因的要因となりますが何故臭いがするのでしょうか。
とにかく飲酒の場合、酒類自体がそもそも臭気のするものですのでそれが口臭となります。しかも酒類は利尿作用がある結果体の中のモイスチャーが少なくなり、唾液の分泌音量も少なくなります、これもますます口臭を難しくやる要因となるのです。
タバコの場合も同じです、タバコ本人も臭いがする結果口臭になります、さらに歯に臭気が付着する結果再び臭気がきつくなってしまう。
飲酒や喫煙が原因で口臭になるパターン、それらをやめればはなはだ改善します。ただ酒類もタバコも病みつき作用がある結果何となく辞めるのは難しいでしょう。
但し多少なりとも音量を燃やすだけでも口臭は改善されます。
長く続けていると歯周病の要因となり、内的要因の口臭になる可能性もあるため出来るだけ早く控えるようにください。
内的要因となるという控えたくらいでは解決しづらくなるので厄介です。
タバコ始めるやつでしたらタバコ専用の歯磨き粉なども販売されていますのでそれを使って口臭防衛をするのもいいでしょう。
面白くお酒やタバコをたしなみ口臭加療もください。