書き込み3

幼稚園の取締役になったマミー友8個人でのユニットがあり、ファミレスでランデブーを通じていました。隣席に座ったマミー友は、普段はよく講話をしたことが無くいつもニヤリやる物静かなユニットの個人でした。敢然と話をするのは何とかといっても良しほどでした。講話に夢中になってしまったこちらは、隣席に座っているマミー友の面持ちが刺々しいのに気がつきました。何か機嫌を損ねるようなことを言ったのかと思い返してみたりしましたがわかりませんでした。食べながら話をしていくうちに、私の口臭が動機だということがわかってきました。親子にも、呼吸が臭いということがあったのですが本当にはしていませんでした。まさか、自分の呼吸でここまで嫌な思いをさせているのかと落胆でした。マミー友は、真相を言ってくれませんが、親子は気がついたことを一気に教えてくれて嬉しいといった感じました。ひときわ早くに対処していれば友人とのマイナスを避けられたのにといった後悔してある。話している時に標的を困難にさせて仕舞う、口臭が原因のマイナスもあるんだという実感しています。自分ではなかなか気がつき辛いことなので、近距離が教えてくれるのがマキシマムだと思いました。普段から、口臭を気にしながら生活していきたいとしてある。