扁桃腺にやれる膿栓(香り玉)

お酒を飲んだりニンニクを食べていないし、煙草を吸っていないのに口の中から不快においがして仕方ない、については病的因子が在るかも知れません。そんな時にはどんなに柿やリンゴのように臭い消し効果があるポリフェノールが入っている果実を食べても、根本的な解決にはならないんですよ。
喉が言わばわくわくした歳月、黄色いちっちゃな玉を吐き出すことがありますよね。つぶすって強烈な悪臭を解き放つ玉なので、通称臭い玉と呼ばれているものです。膿栓とも言い、これが口臭の原因となっていることがあります。香り玉の正体は口のインナーへ侵入して免疫動作を通じて排除された最近の死骸や、食べかすなどが合わさったものです。体の免疫動作が正常に勤めるからこなせるもので、誰にでもできあがるものなんですね。
香り玉を作らないようにするには、口呼吸をなるたけしないようにして鼻で呼吸することだ。鼻呼吸の方がのどに黴菌が侵入しづらくなりますから、体調にはこちらの方がいいって以前から言われていますよね。鼻腔のフィルターが働いてくれますから、黴菌が入りこみ辛くその分香り玉ができがたくなるんです。それに口を解く結果口内が乾燥すると唾液で養生できなくなるので、それも酷いという拠り所があります。