デンタルフロスの嗅いで見る

普段から歯みがきをしているのに、対面して話している第三者が嫌な顔をする、口が臭いなど直接的に仰るといったこともあるかもしれません。体臭もそうですが、口臭は自分の臭いとして鼻が慣れているせいか分かりにくいもので、口臭検証もしてみないと、いかほど臭いのか気づくことはありません。口臭の原因は歯垢がほとんどで、2お天道様ほど放置すれば歯石に変化して一段と匂いがきつくなるようです。よく歯みがきしていれば口臭はないって勘違いする人も多いですが、通常の歯みがきでは歯垢を省けるのはきっと半数間近と言われています。最も歯という歯の間は除くのが辛く、歯石にもなりやすい位置と言えます。こういった場所にデンタルフロス、詰まり糸ようじと呼ばれるものを利用すればブラッシング以上に力強い力で歯垢を除くことができます。こういう場合デンタルフロスには附着出来栄えの細かい不潔が付着していることがあるので、これを嗅いでみると口臭のひどさが分かるかもしれません。歯垢は強烈な匂いを発し、個人差はありますが攻撃臭となったり嘔吐感を催す方法もあります。頻繁に掃除をするという歯茎などに創傷をつけることもありますが、ある程度の習慣をつけて掃除するのは必要な方法かもしれません。